税収上回る 国債50兆円超えも

そんなもんでしょう。不景気で税収が落ち込むことは分かり切っていたのだから、節約ごときで誤魔化せるはずもない。


足りなければ国債を発行するしかないが、問題は各種政策との組み合わせだろう。


景気浮揚の政策があり、先々インフレ基調に出来るならば、国債増発はほとんど問題にならない。
むしろ経済活動が増大して、通貨規模が膨らむのに合わせて、国債で市中のマネーフローを増やしていかないと、マネーフロー不足で景気が失速する。


しかし、政策内容がことごとくデフレ前提だと、先の収入の見込みがないのにローン組んでるのと同じことで、雪ダルマ式に借金は膨らみ、首が回らなくなるだろう。


産業振興になりそうな施策がまったくないままで、大規模な国債増発をやるってことは、将来どこかで通貨切り下げかデフォルトをやるつもりなんじゃないだろうか。


東アジア共同体をやるならば、通貨統合も必要なので、高過ぎる円はどのみちどこかで調整を入れないといけない。
東アジアの友愛のためには、我々の借金をまず清算しないといけないとか言い出すんだろう。


ほんに恐ろしかねこの政権は。デフレだからって証券や債権でなく現金預金で持ってると、切り下げで大きく目減りするかも知れない。
塩漬け覚悟でXAUで持つか、海外に逃げるしかないのかね?


民主党関連のニュースが上がると、それにコメントつけてる人はほとんど民主批判で、民主の政策を支持するってのはかけらも見当たらないが、それでもなぜか選挙では圧勝するという。
あの選挙がいかにインチキかってのがよく分かる。



税収上回る? 国債50兆円超えも



ネット以外でも、選挙近辺で、自民けしからん、民主は素晴らしいなんて言ってる人は皆無だったし、民主が勝っておめでとうという雰囲気の人もさっぱりいなかったですねぇ。

自民に対してほぼトリプルスコアで大勝したのだから、ホントに民主支持がそんだけ居るなら、公の場で支持政党を口にはしないってのが大人のお約束ではあっても、もっとめでたいムードになってもよさそうなもんだけど、全然そうなってない。

まぁ、鳩山が言ったように、日本は日本人だけのものではないですから、日本人が民主党支持じゃなくても不自然ではないと言えばないですねぇ。


民主党に票を入れた人々は、赤字国債は出さない、無駄をなくして節約で乗り切るという公約を信じて入れたはず?だから、政権とったとたんにヘーキで国債計上してくるってところには、裏切られた感を持っているのでは?

と考えるのが常識的な線だけど、たぶん今月末の参議院補欠選挙も、民主が大勝でしょう。